コントで面白いといえば、個人的には、サンドウィッチマンのコントが大好きです。

伊達さんと富澤さんの二人のコンビで、息ぴったりのコントを、毎回見せてもらい、笑わせてもらっています。

コントのネタは、富澤さんが作っているらしく、“本当に天才で、芸人を辞めても作家で食える“と相方の伊達さんからも、褒めちぎられるほどだとか。

ビートたけしさんからも、お墨付きがあるそうですから、すごいですよね。

そんな、コントづくりの天才の富澤さんですが、過去は、ヤンキーだったとか・・・

見た目は、無口で、声も渋いので、もしかしたらと思われる方もいるかもしれませんよね。

本当のところは、どうなのでしょう?

そのカギは、富澤さんの卒業アルバムにあるのです。

サンドウィッチマンの富澤さんって元ヤンキー?

富澤さんは、仙台商業高等学校を卒業されています。

その卒業アルバムの中の、富澤さんといえば・・・

昔のヤンキーの定番、リーゼント!!かなりの剃り込みが入っているんです。

そしてなんと、野球のバットを持っています。

卒業アルバムでバットと共に写っているのは、なかなかない珍しい光景かと思いますが・・・

先生に注意されるかと思いきや、バットのロゴが見えたほうがいいというアドバイスまでもらった、というエピソードがあるんです。

とても自由な学校だったみたいですね(汗)

ちなみに鋭い目つきで、目の上が腫れているように見えますが、もしかして、過去のけんかで出来たケガ?と思いがちですが、実は、先天性の病気で、視力も悪いそうです。

ということで、富澤さんは、結構やんちゃだった高校時代を送ったようです。

相方の伊達さんは、ヤンキーだったのかというと、ヤンキーではなかったそうで、優等生だったみたいですね。

サンドウィッチマン結成のわけ

仙台商業高等学校で、ラグビー部の同級生であった、今の相方の伊達さんと、サンドウィッチマンとして、コンビを組みました。

もともとは、3人で活動していたみたいですが、一人が脱退後も、そのままサンドウィッチマンとして活動しています。

サンドウィッチマンの名前の由来は、その脱退した人が、細い人で、大柄な二人が挟んでいるかのようで、サンドウィッチみたいだなと言われたことから、名付けたそうです。

2007年には、敗者復活戦からの勝ち上がり、なんとM-1で優勝しています。

優勝後は、とても有名になり、テレビで本当によく見かけますよね。

どのコントを見ても、こてこてのやり取りだったりするのに、毎回笑わされてしまいます。

さすが実力派って感じです。

サンドウィッチマン富澤さんの現在は?

そんな、過去がヤンキーでヤンチャだったであろう、富澤さんの現在はというと、2009年には、一般女性と結婚されています。

お嫁さん曰く、深キョンに似ているとのことですが、富澤さんは似ていないと言っていますが本当のところはどうなのでしょうね。

お嫁さんもユーモアあふれる方ですね。

二人の男の子も生まれて、幸せな家庭を築かれています。

卒業アルバムで、バットを担いでいた過去とは違い、子煩悩なパパさんなところは、こんな画像を見ても分かります。

最近では、CMに出演したり、ドラマ“カルテット”にも出演し、演技力の高さが評価されたりと、活躍の場が広がっています。

さすがですよね!

リーゼントで、バットを担いでいてヤンキーだったのだろうなと説得力のある卒業アルバムでしたが、今では、天才的なコントを作り続けている、サンドウィッチマンの富澤さん。

これからも面白いコントを見るのを楽しみしています!


サンドイッチマン富澤さんって霊感が強い!についての詳細記事はこちら!
👉サンドウィッチマン富澤は霊感が強い!


いやいやいやいや、これ相当怖い心霊体験ですから~!