お笑いコンビ「サンドウィッチマン」の富澤さんは、コワモテながらも、ボケを担当されていますよね。

コントの中でも、自然な「ボケ役」の演技は、評価が高く、また、「ボケ役」の演技が、自然だからこそ、より笑いを誘っているのでは、ないでしょうか。

そんな、サンドウィッチマン富澤さんが、俳優として、ドラマでも活躍されていることを、ご存知ですか?

どうやら、少しずつ、俳優としてのオファーが、増えているようですよ!

今回は、サンドウィッチマン富澤さんの、ドラマでの活躍に、スポットを当てていきたいと思います!

お笑い芸人・サンドウィッチマン富澤さんってこんな人

名前 富澤たけし
生年月日 1974年4月30日
出身地 宮城県泉市(現・仙台市泉区)
血液型 AB型

「お笑い芸人不毛の地?!」とも言われる、東北地方出身の富澤さんです。

しかし、高校卒業後は、進学や就職はせず、お笑い芸人になるべく、アルバイトをしながら、お笑いのアマチュア活動を、されていたようです。

念願の、現・相方の伊達さんとの、コンビを結成したのは、1998年9月。

当時、既にサラリーマンとして、働いていた伊達さんを、富澤さんが口説き落としたそうですよ。

富澤さんは「ボケ担当」とはいえ、テレビで見ていても、あまり前へ出るタイプではなく、渋い声で静かに、ボケるタイプですよね。

でも本当に、「面白いことが好き、お笑いが好き」な方のようで、富澤さんが作っている、サンドウィッチマンのネタは、芸人仲間から大御所の方々に至るまで、大絶賛されているそうですよ。

ドラマ俳優、富澤たけし!

富澤さんが、初めてドラマに出演したのは、「ハチワンダイバー」(2008年5月3日~7月19日、フジテレビ)飛鷹安雄役でした。

こちらのドラマは、主人公が「賭け将棋」への、ガサ入れをきっかけに、アンダーグラウンドの世界から、次第に這い上がり、本物の棋士を目指すストーリー。

そして、富澤さんの役どころは、対局に金銭をかける(=真剣)、「強面」の凄腕真剣師。

もちろん、主人公ではありませんが、原作マンガが、「主人公が真剣師の道を、究めるストーリー」であったこともあり、外せない役でした。

初ドラマ出演が、準レギュラーやゲストではなく、レギュラーだなんて、富澤さんの人気と実力が、認められている証拠ですよね。

その後、2013年からは、毎年必ず、ドラマ出演されています。

「カルテット」(2017年1月17日~3月21日、TBS)は、記憶に新しいですよね。

また「カルテット」の時期は、「精霊の守り人 悲しき破壊神」(2017年1月21日~3月25日、NHK)オゴン役の、撮影もされていたようです。

2017年2月4日の、富澤さんのオフィシャルブログ、「名前だけでも覚えて帰ってください」には、「カルテット」・「精霊の守り人」の台本や、控え室の写真が、載せてあります。

そして、「最近なぜか、ドラマ出演が増えて、トレンディ俳優みたいに、なっております。」との、コメントが…。

ちょっとツッコミたくなる、コメントですが、富澤さんが書いていると思うと、クスッと笑ってしまいませんか?

実は、歌手デビュー?!の、サンドウィッチマン

富澤さんの演技は、とても自然で、役に馴染んでおり、ドラマに溶け込んでいるからこそ、ドラマへのオファーが、増えているんでしょうね。

そして実は、歌手デビューと言うと大げさですが、サンドウィッチマンのお二人が歌う、「上野動物園準備中」という歌を、ご存知でしょうか?

これは、「Eテレ0655」(毎週月曜~金曜朝6:55~7:00、NHK)の、人気コーナー「おはようソング」で、2017年5月29日から、放送開始された新曲なんです!

短い歌ですが、開園準備をしている、上野動物園の飼育員さんや、動物達の映像と共に流れる、サンドウィッチマンの歌声が、なんともホッコリすると、話題になっているんです。

ちなみに、メインボーカルは伊達さんで、富澤さんは「ZZZZOO(ズズズズー)」という、コーラスのみだとか…。

何はともあれ、要チェックです!!


サンドイッチマン伊達さんのお洒落なメガネについての詳細記事はこちら!
👉サンドウィッチマン伊達みきおメガネのブランドはこれだ!


メガネへのこだわりが垣間見れます。