日本テレビ「笑点」新司会者
春風亭昇太さん(56)にバトンタッチし

早くも順調な滑り出しを見せています(‘ω’)ノ

ということで今回は

春風亭昇太の評判と視聴率はどれくらい?
新メンバーは誰?
「笑点」の歴代司会者について

掘り下げてみました(*’ω’*)

新司会者の「笑点」平均視聴率と春風亭昇太の評判は?

20160613-OHT1I50065-T
出典www.hochi.co.jp

5月15日の放送の平均視聴率は20.1%

5月22日放送の
桂歌丸師匠(79)から司会をバトンタッチした

「笑点 歌丸ラスト大喜利スペシャル」
27.1%を記録

その後、春風亭昇太さんが大喜利を務めた
5月29日になんと

「28.1%」

という今世紀最高の記録を叩き出しました!!

6月19日放送も平均視聴率24.1%

これで6週連続で20%超えを果たしました(^◇^)

順調な滑り出しを見せる笑点ですが
昇太さんの司会は視聴者にも

「テンポがよくて賑やかでいい」「想像以上だった」
「円楽さんの司会者いじりが面白かった」
「安定している」「凄いスピード感」

と大好評です!

また、「カミカミ王子」と自虐ネタにするほど
舌を噛むという欠点を持っている昇太さんですが

「ちょっと噛み噛みで笑える司会がいい♪」

と逆に好印象をもたらしていました。

歌丸師匠から司会を受け継いだ際は
「遠慮しないで好きなようにやって」

とだけ言われたそうです。

「テンポアップしようかなと思っていた」
と言っていた昇太さん。

昇太さんは笑点メンバーの中では
まだ若手ではありますが

「笑点」の兄弟番組「笑点Jr.」での
総合司会を務めていたこともあり

抜群の安定感がありました。

また、大先輩メンバーとお互いに突っ込み合って
盛り上げようという気迫に溢れていましたね!

まさに笑点に新しい風をふかすことに
大成功です(‘ω’)ノ

これからも楽しみにしています(*’ω’*)

「笑点」の歴代司会者と担当していた時期はいつ?

歴代の司会者にどんな方がいたのか振り返ってみましょう!

初代:7代目立川談志 1966年5月~69年11月

images
出典eplus.jp

落語家

16歳で五代目柳家小さんに入門
27歳で真打に昇進し
五代目立川談志を襲名。

2代目:前田武彦 1969年11月~70年12月

index
出典www.oricon.co.jp

タレント・放送作家・司会者
フジテレビ「夜のヒットスタジオ」などで
人気司会者でした。

3代目:三波伸介 1970年12月~82年12月

index
出典nagomi-web.com

コメディアン・俳優・司会者・タレント

伊東四朗さん、戸塚睦夫さんらと共に
「てんぷくトリオ」というトリオを組んでいました。

20100403-minami0010
出典momoya.hamazo.tv

4代目:三遊亭円楽(5代目) 1983年1月~2006年5月

8125-1
出典blackbird-mito.com

落語家

若い頃は「星の王子さま」の愛称で親しまれまれ
また「落語若手四天王」の一人と呼ばれていました。

5代目:桂歌丸 2006年5月~2016年5月

index
出典news.yahoo.co.jp

落語家

「笑点」の前身番組であった「金曜夜席」第1回から出演。

「笑点」になった後も体調不良で休演していた期間を除き
引退するまで出演していました。

6代目:春風亭昇太 2016年5月~

20160609-OHT1I50139-T
出典news.livedoor.com

初期は落語家でない人も司会をしていたのですね
驚きです(・□・;)

「笑点」司会者・春風亭昇太師匠の凄さと選ばれた本当の理由!

「笑点」新メンバーは誰?

20160603hayashiya
出典www.asagei.com

春風亭昇太さんが司会になった変わりに
入った新メンバーは

林家三平 (2代目)さん(45)!

新メンバーが加わるのは
2006年5月の春風亭昇太さん以来
10年ぶりとのこと

1989年11月に林家いっ平として林家こん平に弟子入りし
2002年9月に真打昇進。第19回浅草芸能大賞新人賞受賞。
2009年3月21日に「林家三平」を襲名しました。

英語落語を披露したり、中国語ができるなど
語学が堪能な方でもあります。

笑点に40代がいなかったから
屈託のない笑顔が空気を変えれる

などが抜擢の理由だったようです。

新しいメンバーを入れての笑点のこれからに期待です(*’ω’*)