“ブラジルの人、聞こえますか~”でお馴染み、一発ギャグを数多く持つサバンナ・八木さん。

周囲の方から、天然ボケのエピソードも多く語られ、学生時代の後輩で、現在の相方である高橋さんには、今ではツッコミの為に、頭を叩かれる始末です。。。

そんな八木さんは、高校や大学を卒業されているのでしょうか?

卒業されていたら、それはいったい、ドコなのでしょう??

今回は、お笑いコンビ『サバンナ』八木さんの、学生時代にスポットを、当ててみました!

サバンナ・八木さんの小学生時代

現在はトレーニングが趣味で、身体を鍛えている八木さんですが、小学生の頃は体重が80㎏もある、ガキ大将だったそうです!

更に、廊下に立たされたり、親が学校に呼び出されたりと、ちょっぴりヤンチャな少年だったとか。

今の、優しそうで天然ボケのイメージとは、ずいぶんと違いますよね!

ある意味では、スベッてもスベッても、ギャグを繰り出し続けるという、強いハートの持ち主ではありますが。。。

サバンナ・八木さんの中学生時代

そんな八木さんが進学したのは、地元の公立中学ではなく、私立名門と言われる、立命館中学校!しかも、偏差値68!!

何がどうなって、ヤンチャをしていたガキ大将が、名門私立中学を受験し、合格することになったのかは、ナゾです。

ただ、中学に進学した八木さんは、身体を鍛えることの喜びに目覚め、更にこの頃には、ギャグマシーンとしての、才能も開花したようで、“立命館のトミーズ雅”と、呼ばれていたそうですよ。

サバンナ・八木さんの高校生時代

中高一貫校(現在は、小中高一貫校)である、立命館中学ですので、八木さんももれなく、立命館高等学校へと進学しました。

そして、鍛えた身体を生かすべく、柔道部に入部し、なんと主将を務めていたのだそうです!

ギャグマシーンが主将を務める、柔道部ってどうなの?!と思いましたが、身体を鍛えることに関しては、意外とストイックなようですので、案外厳しかったのかもしれませんね。

この頃に出会ったのが、主将である八木さんに取り入り、いじめられもしごかれもしない地位をキープして、部活をサボっていた、現在の相方・高橋さんです!

サバンナ・八木さんの大学時代

立命館中学・高等学校は、立命館大学付属校ということで、八木さんも高橋さんも共に、立命館大学産業社会学部へと進学します。

そして、大学在学中の1994年4月に、お笑いコンビ『サバンナ』を結成!

しかもすぐに、初舞台となるオーディションイベント「2丁目ワチャチャライブJr.」に出演したりと、既に芸人としての活動を、始めていたようです。

そのため、よしもと所属の芸人でありながら、NSC(吉本総合芸能学院)には通わずに、デビューしたという、異例の経歴の持ち主。

在学中は、勉強と仕事の両立をしなければならず、大変だったのではと思いますが、大学もきちんと卒業されたようです!

700(?!)ものギャグを持つと豪語し、天然エピソードも多く持つ八木さんですが、実はしっかりした方なのかもしれませんね。