お笑いコンビ『サバンナ』の八木さんは、数々の天然ボケエピソードを持つ、愛されキャラですよね!

いったい、どんな家庭で育ったのか、気になりませんか??

今回は、サバンナ八木さんの、実家や家族構成について、調べてみました!

サバンナ・八木さんって、どんな人?

名前   八木真澄(やぎますみ)
生年月日 1974年8月4日
出身地  京都府綴喜郡井手町
血液型  O型

高校の頃、柔道部の主将を務めていたそうで、極真空手初段や柔道二段の持ち主。

また、トレーニングを趣味としていて、筋肉キャラという一面もあります。

小・中学校と、よく悪さをしていたようで、廊下に立たされたり、親が学校に呼び出されたりしていたとか。

今の、ギャグを連発したり、天然ボケだったりのイメージとは、全然違っていたようですね!

また、小学校時代は体重が、80㎏もあるガキ大将で、まさにリアルジャイアン?!

更に、成績がとても悪く、学習塾の入塾テストに、落ちたことがあるのだそうです。

でも、八木さんは名門私立である、立命館中学から立命館高等学校、更に立命館大学へと進学し、卒業されているので、勉強はできる方だったのではないでしょうか。

サバンナ八木さんの家族構成

八木さんには、2歳年上のお兄さんがいるそうです。

お兄さんもなかなか、楽しい方のようで、八木さんのギャグであり、きゃりーぱみゅぱみゅという、芸名の元となった「ぱみゅ」は、実は元々、お兄さんのギャグだったのだそうです。

そんな八木さんのお兄さんは、一級建築士で、八木さんの地元である京都府綴喜郡井手町で、株式会社八木建設の、代表取締役をされています。

HPには、“恥ずかしがり屋の社長の代わりに”猫が挨拶をしていて、お兄さんのお茶目な性格が窺えます。

八木さんのお母さんは、幼稚園の園長さんだったとか。

その影響で、八木さんは家で常に、お遊戯のようなものを、やらされていたそうです。

なんだか楽しそうな、ご家庭ですよね。

八木さんのお父さんについては、新幹線の運転士だった説と、相方・高橋さんの親同様、歯科医師説の2パターンがあります。

これについて、どちらが本当か調べてみましたが、京都府綴喜郡井手町の歯科医院として、ヒットするのは後藤田歯科医院だけですので、お父さんが開業医だとすると名字が違いますよね。

次に、京都の八木歯科で検索すると、京都市左京区でヒットするのですが、自宅のある綴喜郡井手町から、車で50分もかかるので、八木さんのお父さんの歯科か疑問が残ります。

ただネット上では、元・新幹線運転士説がガセで、歯科医師説が本当と断言されていました。

果たして、真相はどちらなのでしょう。

サバンナ八木さんの実家は大豪邸?!

とは言え、八木さんの実家は、200坪の大豪邸であることは、間違いないようです。

2階建て8LDKの家は、まるで京都の旅館のようだとか!!

庭は50坪あり、数千万円をかけて、橋がかかった池や滝、全国各地から探し出した石や灯ろうが置かれていて、理想の日本庭園となっているそうです!

更に、八木さんの父は、趣味で管理する畑を、300坪所有しているのですって!!

八木さんのお父さんが、元・新幹線運転士であれ、歯科医師であれ、八木家は元々、相当な資産家だったのでしょう。

八木さんも、相方・高橋さんに負けず劣らずの、お坊ちゃまだったのですね。