先輩へ取り入る姿が印象的で、自他共に認める「太鼓持ち」だという、お笑いコンビ『サバンナ』の、高橋茂雄さん。

更には、「リアルスネ夫」なんていう異名も、あるのだとか。

そんな高橋さんの実家は、京都市下京区にあるそうです。

今回は、サバンナ・高橋さんの、実家や学生時代に、スポットを当ててみました!

サバンナ・高橋さんの学生時代

高橋さんは、京都府京都市生まれで、地元の小学校に通っていたそうです。

そして高橋さんは高学年の時に、転校してきた生徒に、いじめられた経験を持つそうです!

“転校生がいじめられる”というのは、聞いたことがありますが、“転校生にいじめられる”とは、珍しい経験の持ち主ですよね!

この経験から、普通に公立中学へ進学すると、いじめられ続けると思った高橋さんは、猛勉強を開始!!

なんと、私立立命館中学に合格して、いじめっ子との縁を切ったそうです。

そして出会ったのが、1年先輩で現在の相方でもある、八木真澄さんです!

テレビで見る限りは、天然ボケで、相方・高橋さんにも、よく頭を叩かれている印象ですが、実は八木さんの方が先輩だったのですね。

更に驚きなのが、高橋さんと八木さんは当時、柔道部に所属し、主将を務めていた八木さんに、高橋さんは徹底的に取り入っていたとか。

今の高橋さん・八木さんの関係からは、想像しにくいのではないでしょうか。

高橋さんはこれにより、「いじめられも、しごかれもしないポジション」を、手に入れていたそうです。

さすが、「太鼓持ち芸人」!

この頃から、その技は磨かれていたのですね!!

高橋さんの実家は京都の下京区にあるのか?!

高橋さんの祖父・父親・兄は、歯科医師なのだそうです。

また、親族を含めると、5人が歯科医師だとか!

そんな高橋さんの実家は、京都市下京区西七条にある、“高橋歯科医院”

外観は銀行のような、かっちりとした建物で、クチコミには「優しい」「名医」などの文字があり、なかなか評判は良さそうですよ。

実家がお金持ちで、先輩に取り入るのが上手いので、高橋さんが「リアルスネ夫」と、呼ばれるのもうなずけますよね。

高橋さんが芸人を目指したわけは?

家系的にも学力的にも、歯科医師を目指していても、おかしくないと思われる、高橋さん。

どうして、芸人になったのでしょうか??

理由は、簡単!!

相方(八木さん)に、誘われたから”なのだそうですよ。

八木さんが高橋さんを、芸人に誘ったのは、お二人がまだ先輩後輩の関係が強かった、高校時代。

高橋さんは別段、芸人に興味もなかったそうですが、先輩である八木さんの、誘いを断れなかったのだそうです。。。

今となっては、地元の歯医者さんになるよりも、はるかに有名で人気のある、芸人さんになったわけですから、八木さんの誘いを受けて、良かったですよね。