ぺこぱのシュウペイと松陰寺の経歴、コンビ名由来が驚く!不仲説?!

「ノリツッコまないボケ」でブレイクしている、お笑いコンビ「ぺこぱ」

ボケ担当のシュウペイさんと、ノリツッコまない担当の松陰寺 太勇さんのコンビです。

腕をクロスさせて人差し指を頬にさす「シュウペイポーズ」と、紫のスーツを着てメイクというホストキャラの、見た目の印象もなんだか異色です。

2019年の「M-1グランプリ2019」で、結成12年にして初めて決勝進出を果たしたことをきっかけにブレイクしましたが、それまでの道のりは辛い時期もあったようです。

ということで今回は、ぺこぱの経歴、コンビ名の由来、結成秘話、ぺこぱの不仲説?!などについて見ていきましょう!

ぺこぱシュウペイの経歴

シュウペイ
  • 本名 成田 秀平(なりた しゅうへい) ボケ担当
  • 誕生日 1987年7月16日
  • 出身地 神奈川県横浜市港北区
  • 高校 麻布大学附属渕野辺高校(現・麻布大学附属高等学校)
  • 身長 180cm
  • 血液型 A型
  • 所属事務所 サンミュージックプロダクション
  • 兄弟 3人姉弟の中で末っ子
  • 利き手 左手、でもボールは右投げ
  • 座右の銘 今を生きる

人差し指を立てた状態で、両手をクロスさせて、「シュウペイでーす!」と言いながら、腰を振るシュウペイポーズがギャグのシュウペイさん。

幼稚園から始めたというサッカーが得意でしたが、プロになることを断念した高校時代におしゃれに目覚めます

週2回のペースで日焼けサロンに通い、渋谷でアルバイトをし、週末クラブに通うほどのギャル男でした。

マイペースな性格で、大舞台でも全く緊張しないのですが、姉の影響でジャニーズの大ファンで、ジャニーズタレントと共演する時だけは、緊張します。

でも、異常なほどのビビりで、『アメトーーク!』の「ビビリ-1グランプリ」のコーナーに出演することもあり、その奇跡的なリアクションが好評です。

今は、サッカー誌『theWORLD』に連載を持ったり、2021年3月に『サッカー★アース』(日本テレビ)のMCに就任するなど、サッカーという特技も生かして、多方面で活躍しています。

ぺこぱ松陰寺の経歴や芸名の由来

松陰寺 太勇(しょういんじ たいゆう) ツッコミ(ノリツッコまない漫才)
  • 本名 松井 勇太(まつい ゆうた)
  • 誕生日 1983年11月9日
  • 出身地 山口県光市
  • 高校 山口県立光丘高等学校
  • 専門学校 キャットミュージックカレッジ専門学校(サウンドエンジニア専攻)
  • 身長 170cm
  • 体重 70kg
  • 血液型 O型
  • 所属事務所 サンミュージックプロダクション
  • 兄弟 姉1人と妹2の4人兄弟の中の長男
  • 利き手 右手
  • 座右の銘 人にはいろいろ事情がある

イメージカラーは「紫」

紫のスーツを着て、メイクやネイルをしている、ホスト風のキャラという、見た目の印象がとても強い松陰寺さんですが、ボケに対して突っ込まないでボケる優しい笑いで人気を得ています。

キャラクターのモチーフは、「氷室京介と忌野清志郎を足して2で割った感じ」とよく言われますが、実は「ASKA」さんを意識しているのだそう。

昔からCHAGE and ASKAのASKAさんが大好きで、そこから今のキャラクターが生まれました。

音楽の専門学校を卒業した後、プロのミュージシャンを目指して上京。

色々なバンドメンバーと会うも、そのレベルの高さについていけないと感じ、挫折。

その後、テレビで見た狩野英孝に衝撃を受け、養成所に通うことなく、ピン芸人「松井祭」として芸人を始めます

でも、本人にとってもこの「松井祭」の時代は消したい過去というほどの黒歴史のようです。

2015年、『R-1ぐらんぷり』で3回戦まで進出を果たすも、その後は芸人としての仕事はほとんどなく、カレー店や葬儀屋でのアルバイトなどをしながら辛い時期を過ごします。

2018年『M-1グランプリ2018』で、初の準々決勝に進出、2019年『M-1グランプリ2019』で、結成12年にして初の決勝進出、決勝戦で3位をとったことがきっかけでブレイクしました。

ぺこぱ 松陰寺の特技は曲作り

プロフィールに書いてある、松陰寺さんの特技は曲作り。

お父さんがギターを弾いていた影響もり、松陰寺さんもギターを覚えて、中3の時にバンドを組んで、オリジナル曲「頑張れ立方体」を作りました。

アルバムも2枚ほど出していて、2016年1月に、自主製作でCD「風」を、2枚目「雪(せつ)」を手掛けています

さらに、2020年10月24日に放送された「ロンドンハーツ」に「50TA(狩野英孝さん)」の公式ライバル、「50PA」(ぺこぱ)として出演。

生放送中に「時を戻そう」「はい」などの自作曲を披露し、生配信ライブ(10月29日)をかけた視聴者投票で、50PAが勝利しました!

パンダ丸さん
パンダ丸さん
今後、音楽での活躍の場も増えていきそうですね!

ぺこぱ 松陰寺太勇の芸名の由来とは

松陰寺太勇という、少し複雑な芸名の由来を見ていきましょう!

「松陰寺」という芸名は、ある人気テレビドラマが由来しています。

そのドラマが、2014年頃、芸人としての仕事がほとんどなかった頃、再放送されていた「花より男子」

嵐の松本潤さん演じる、道明寺司と、井上真央さん演じる、牧野 つくしが主人公のドラマです。

その道明寺司の役を見て、かっこいい!と感じ、道明寺司という名前も気に入った、松陰寺さん

そこから、松陰寺さんの本名から「松」を取って、それと「道明寺」を組み合わせて「松陰寺」という苗字にしました。

名前は、本名の「勇太」を入れ替えて「太勇」とし、「松陰寺太勇」という芸名にしました。

ぺこぱのコンビ名由来はかわいいから

Twitter

松陰寺さんとシュウペイさんが出会ったのは、バイト先である居酒屋でした。

そのバイトでは、松陰寺さんが先輩で、シュウペイさんが後輩の関係だったことから「先輩×後輩」というコンビ名で活動していました。

その後、2013に「ぺこぱ」というコンビ名に改名するのですが、その名付け親が、当時の事務所の先輩「赤井沙希さん」!(現在は両者とも違う事務所に所属)

この人は、女子プロレスラーで、さらに父親があの俳優の赤井英和さんなのです!

飲み会の場で、改名を考えていた2人に「私が決めてあげる」と、当時韓国語にハマっていた赤井さんが「ぺこぱ」を提案してくれました。

では、なぜ「ぺこぱ」というコンビ名にしたかなのですが

  • 響きや文字の並びが可愛かったから
  • いつまでもハングリー精神をもってほしいから
  • 一度聞いたら印象に残る単語

という理由からだそう。

ぺこぱ、というのはどうやら韓国語から来ているようで、正確には韓国語で「ペ“ゴ”パ(배고파)」と発音して、意味は「お腹空いた」だそうです。

お腹空いたをハングリー精神と捉える所が可愛らしいですが、今は名前も奏してか、ぺこぱは人気お笑いコンビの仲間入りを果たしています!

とら吉さん
とら吉さん
確かに「ぺこぱ」は響きが可愛くて、印象に残る言葉ですね!さすがです!

ぺこぱの結成秘話

2007年頃に、同じアルバイト先の渋谷の居酒屋で出会った、松陰寺さんとシュウペイさん。

松陰寺さん(当時23歳)のシュウペイさん(当時19歳)の第一印象は「すごいギャル男!ギャル男って本当にいるんだ!」

さらに、縦ノリで皿を洗うシュウペイの姿を見て「こいつとコンビ組んだら面白くなりそうだ」とも思ったそうです。

新人アルバイトだったシュウペイさんに、将来何をやりたいのか聞くと「伝説を作りたい」と返されたところも気に入り、シュウペイさんをお笑いの世界に誘います。

しかし、当時お笑いに興味の無かったシュウペイさん。

松陰寺のピン芸のライブを見に行くも、あまり面白くなく断り続けます

それでも、松陰寺さんはあきらめず半年間に渡り誘い続け、まずはお試しでコンビを結成!

2008年4月30日から「先輩×後輩」のコンビ名で、お笑い活動を始めました。

さる蔵さん
さる蔵さん
半年間も諦めなかったから今のぺこぱがいるんですね!松陰寺さん、ありがとうー!

ぺこぱに不仲説?!

2020年10月10日に放送された『さんまのお笑い向上委員会』に、ぺこぱの松陰寺太勇とシュウペイが出演した時に、他の出演者から「ぺこぱさんも仲悪いらしい」とぺこぱの不仲説があげられていました

それを受けて、ネットニュースで松陰寺さんがシュウペイさんに気を遣っている、と言われていることを切り出し「確かに、シュウペイちゃんはちょっとNGが多いことがある」

なんでも、シュウペイさんは、裸NGなど、仕事上のNG事項が多いのだとか。

松陰寺さんとしては、やってほしいという思いもあるものの、シュウペイさんのことを考えると、このままでも今すごく活躍してくれていると思っている。

さらに、「シュウペイポーズやるのも、めちゃくちゃ体力とメンタル必要としてるんですよ」と話し、それに対してシュウペイさんも「(シュウペイポーズ)やると、めちゃめちゃ筋肉使って、腕がどんどん太くなってくんですよ」と周囲を笑わせました。

また、年齢を重ねてる2人なので、ここで体を壊さないように、気遣いを大事にしていて、それがギスギスしているように見えちゃっていることもあるようです。

でも最後に「めちゃくちゃ仲いいです、僕ら」と発言。

さらに、「あと仲良くないと、コマーシャル来ないよ」と、スタジオの雰囲気を明るく笑いに変えていました。

パンダ丸さん
パンダ丸さん
ぺこぱに不仲説があるなんて驚きでした。YouTube動画とかを見ても、仲いいところがいっぱい出てますね!

ぺこぱのシュウペイと松陰寺の経歴、コンビ名由来が驚く!不仲説?!

ということで今回は、お笑いコンビ「ぺこぱ」のシュウペイさんと松陰寺さんの経歴やコンビ名由来、不仲説について見てきました。

シュウペイさんはサッカーからギャル男、松陰寺さんはバンド活動と、お笑い芸人になるまで、羽陽曲折ありました。

さらに、コンビ結成からブレイクするまで時間がかかり、大変な時期もあったようですが、今、ぺこぱならではの「ノリツッコまない笑い」さらに、音楽活動で、どんどん人気が増しています。

これから期待大のお笑いコンビですね!活躍に期待します!

ぺこぱの家族!シュウペイさんの母親と松陰寺さんの兄弟エピソード!についての記事はこちらです↓