ぺこぱ松陰寺の音楽への道、曲作りなど歌の才能を発揮!

ノリツッコまないでブレイクして、今人気急上昇中のお笑いコンビ「ぺこぱ」

お笑い芸人でありながら、ボケ担当のシュウペイさんはサッカー強豪校のサッカー部出身。

そして、ノリツッコまないボケ担当の松陰寺太勇さんはバンドマンだった時があり、今でも音楽活動をしているという、多才なコンビです。

ということで今回は、ぺこぱ松陰寺の音楽にスポットを当てて、音楽への道や、リリースしたアルバム、50PAとして初ライブ生配信、などについて見ていきましょう!

ぺこぱ松陰寺の音楽への道

ぺこぱ松陰寺さんは、作詞・作曲・編曲・演奏・レコーディングを全て1人で手掛けた、自主製作のCDを2枚出しています。

  • 2016年1月に発売した1stアルバム「風~KAZE~」の収録曲
    • TANDOKU
    • 松陰寺太勇Ⅱ
    • キザリ浜辺
    • BENTO
    • MOTOSU
    • 松陰寺賛太勇
    • 松陰寺太勇Ⅲ
    • KAZE 他

2017年に、ぺこぱが、自分たちのやりたいネタや企画、そして音楽をやるためのライブ「ぺこパラダイス」を、6回開催しています。

ぺこパラダイスを開催することになったきっかけは、新しい曲ができたから

今回、新しい曲ができたんだ。だからライブをしようという運びになったんだ。去年の単独もそうだった。僕たち、ネタができてもライブやらないけど、曲ができたらライブやるんだ。

と松陰寺さんが、音楽にかける情熱をライブで語って、笑いを誘いました。

「ぺこパラダイスvol.1」では、2017年1月に東京・シアターミネルヴァで行われ、松陰寺さんは、新曲「GT~触れないで~」を熱唱

その後、ぺこパラダイスは、2017年3月・5月・8月・10月・12月、と開催されました。

ぺこぱ「50PA」が初ライブ生配信!

2020年10月に放送された「ロンドンハーツ」の3時間スペシャルに、「50TA(狩野英孝さん)」の公式ライバルとして「50PA(ぺこぱ)」が出演。

生放送中に、「時を戻そう」「はい」などの自作曲を5曲披露しました。

さらに、シュウペイさんも、人生初の曲作りに挑戦!

シュウペイさんの母親まで巻き込んだ「なんだっていいんじゃん」を発表しています。

2020年10月29日の生配信ライブをかけた視聴者投票で見事勝利し、生配信ライブで全12曲熱唱しました!

50TP(狩野英孝)はぺこぱ松陰寺の憧れだった

「ロンドンハーツ」では、狩野英孝さんに勝利したぺこぱですが、「50TA」にとって、以前からテレビで見てきた憧れの存在

松陰寺さんは、ギターと向き合ってメロディーを作っていくタイプなのに対して、狩野英孝さんは、追い込まれて面白い曲や詞ができるタイプ。

そんな狩野英孝さんをリスペクトしているそうです。

「ロンドンハーツ」50PAの生配信後の興奮冷めやらぬぺこぱ

ぺこぱ松陰寺の音楽への道、曲作りなど歌の才能を発揮!

ということで今回は、ぺこぱ松陰寺の音楽への道、発売したアルバムや、50PAの初ライブ生配信について見てきました。

専門学校で音響について学び、上京するもプロのミュージシャンの道は挫折をしてしまいますが、こうやってお笑いと音楽を融合させて、着々と音楽の仕事の幅をひろげているぺこぱは、さすがですね!

幅広く活躍するぺこぱを、これからも応援します!

ぺこぱ松陰寺さんの野球部時代や、千葉ロッテマリーンズのファンのファンで夢を叶える!についての記事はこちらです↓