メガネが印象的なお笑いコンビ、『おぎやはぎ』。

ツッコミ担当で、なんだかおじいちゃんのような、落ち着きがあるのが、矢作兼さんです。

相方である小木博明さんが、身長の高いイメージがあるせいか、矢作さんって、身長が低そうですよね。

いったい、どれくらいの身長なのでしょうか?

今回は、『おぎやはぎ』矢作さんに、スポットを当ててみたいと思います!

おぎやはぎ・矢作さんの、プロフィール

名前   矢作 兼(やはぎ けん)
生年月日 1971年9月11日
出身地  東京都豊島区
身長/体重 170㎝/65㎏

プロフィール上、出身地は東京都となっている、矢作さんですが実際は、山梨県富士吉田市で生まれ、3~4歳まで山梨で育ったようですよ。

矢作さんの両親は、矢作さんが3歳の頃に離婚していて、親権争いの末、矢作さんは母親と2番目の姉と共に、東京で暮らすことになったそうです。

ちなみに、一番上の姉は父親と暮らすことになったらしく、現在は音信不通となっているとか。

おぎやはぎ矢作さんの身長

プロフィールにもある通り、矢作さんの身長は、170㎝のようです。

芸人さんは漫才などで、相方と並んで立つ姿を、見る機会が多いので、身長178㎝の相方・小木さんの、隣に立つことによって、矢作さんは身長が低いイメージが付いたようですね。

身長170㎝と言えば、日本人男性の、平均身長くらいですので、低くはないのですが。。。

相方との身長差が、8㎝もあるとやっぱり、低く見えるのは仕方ないでしょう。

しかも靴のサイズが、24.5~25㎝との事で、男性にしては若干小さめ。

足の大きさと身長が、必ずしも比例するとは限らないのですが、“身長170㎝”というのも、もうちょっと低いのでは?と、疑ってしまいます。

おぎやはぎ矢作兼さん、お笑いへの道

『おぎやはぎ』はお二人とも、落ち着いた物腰で、淡々としゃべる中で笑える感じが、面白いですよね。

コンビ仲も抜群に良いとのウワサの、『おぎやはぎ』。

そんなお二人が出会ったのは、東京都立北野高等学校です。

お二人は、高校の同級生だったのですね!

しかし、高校卒業後はそれぞれ、別々に就職し、お笑い芸人に有りがちな、NSCへの入学などは考えなかったようですよ。

矢作さんが就職したのは、ビルのメンテナンス用品を取り扱う、貿易会社。

2年間のサラリーマン生活の間に、中国の上海での勤務も経験し、実は中国語と英語を話すことが出来るそうです!

本当でしょうか?!

なかなか機会がないですが、是非聞いてみたいですよね!!

サラリーマンを辞めた理由は、自分が担当していた商品に興味が持てず、だんだんと仕事が嫌になってしまったこと。

そして、“笑いを仕事にしよう”と退職し、23歳の時に高校時代からの友人であった、小木さんを誘ってコンビを結成したそうです。

おぎやはぎコンビ名の由来は?

『おぎやはぎ』というコンビ名は、相談して決めたのではないそうですよ。

オーディションを受ける時に、まだコンビ名が決まっていなかったので、とりあえず“小木と矢作”と書いたところ、「次は、おぎやはぎ」と言われたことで、そのままコンビ名としたのだそうです。

ちょっとやる気の無さそうに聞こえるエピソードですが、なんだか『おぎやはぎ』の芸風に、繋がっている気がしませんか?!

適当に聞こえる、コンビ名決定のエピソードですが、『おぎやはぎ』という名前は、響きも語呂もとても好感が持てますよね。

これからも『おぎやはぎ』らしさを武器に、活躍していただきたいと思います!