「中川家」は、兄・中川剛さんと、弟・中川礼二さんによる、兄弟漫才コンビです。

小柄な剛さんは、ちょっと頼りない印象で、弟の礼二さんの方が、体格も良く、鉄道ファンであることや、ラグビーの審判のモノマネ、大阪のオバチャンのモノマネなど、印象が強いですよね。

でも実は、プライベートでは、立場が逆転!典型的な「兄と弟」の上下関係なのだそうですよ。

ちょっと意外ですよね!

また、双子の男の子の親でもある、中川家・剛さんは、父親としての威厳もあり、しっかりと子育てをされているようです。

そんな剛さんが、選んだ「嫁」は、果たして、どんな方なのでしょう??

ちょっと見てみましょう!

中川家・剛さんって、こんな人!

名前   中川 剛(なかがわ つよし)
生年月日 1970年12月4日
出身地  大阪府守口市
血液型  B型
出身   NSC大阪校11期

元々、お笑いに興味があった、中川家・剛さんですが、高校卒業後は、サラリーマンをしていたそうです。

しかし、お笑いの夢を捨てきれなかったのか、相方を探し、断られた剛さんが、当時、同じくサラリーマンをしていた、弟・礼二さんの名前を、勝手にNSCの願書に書いたのが、きっかけだとか。

ここにも、「兄と弟の上下関係」が、見えますよね!

“優等生”の、兄弟漫才コンビ『中川家』!!

もちろん、兄弟で漫才をするコンビは、中川家が初めてではありません。

「夢路いとし・喜味こいし(いとし・こいし)」は、あまりにも有名ですし、戦後の上方漫才を代表する兄弟コンビ、「中田ダイマル・ラケット」の存在も大きいです。

中川家は、そんな兄弟漫才コンビの代表格である、「いとし・こいし」や「ダイマル・ラケット」の後継者と、言われていたのだそうですよ!

NSC在学中から、漫才の実力が、認められていたんですって!!

なんだか、スゴイですよね!!

プライベートも充実!中川家・剛さんが、選んだお嫁さんは?

中川家・剛さんは、2003年頃に、結婚されています。

そう、2003年「頃」なのです!

はっきりと、結婚を発表していない辺り、プライベートは、公表しない主義なのかと思いきや、お子さんについては、情報がありました!

ただ、嫁については、一般の方という以外、ほとんど情報がありません。

お二人は、できちゃった婚、授かり婚だそうで、結婚してすぐに、双子の男の子が生まれたそうです!

双子ちゃん、さぞかし可愛かったでしょうね!

厳しい父親の、中川家・剛さん!

双子のお子さんのお名前は、天(てん)くんと碧(あお)くんです。

青い空がイメージできる、キレイな名前ですね!

童顔で小柄な剛さんですので、さぞかし優しいパパぶりだろうと、思っていたら、かなりビックリ!!

3歳くらいから、言うことを聞かなかったら、最終的に「平手打ち」だそうです!

コワイ。。。

ご飯を食べなければ、食事を与えず、飢餓状態にもっていくとか!!(そうすると、狂ったように食べるそうです。。。)

スパルタ。。。

これは、剛さんの中に、「男の子だから、甘やかさない」という、方針があるのだそうです。

そして、お休みは基本的に、家族と過ごす剛さんですが、子供に合わさず、自分がやりたいことをするという、スタンスだそうです。

剛さんの外見からは、「パパ」という感じがしますが、「お父さん」若しくは、「オヤジ」という方が、当てはまるかも。。。

それでも、子育ての軸は、嫁だそうですので、剛さんが話されているのは、「究極の場合」かもしれませんね!

対談があったのは、お子さんが5歳の頃だったので、小学校受験に、嫁が積極的だという話も、されていました。

目指している、私立の小学校は、嫁の親・嫁・嫁の親戚も、通っていたということですから、受験させたい気持ちも、分かる気がします。

私立の小学校に通っていたとは、剛さんの嫁は、お嬢様なのでしょうか?!

2017年現在、単純に考えると、剛さんの双子のお子さんは、中学生になっている頃でしょうか。

「芸人の2世は、確実にグレる!」と、諸先輩方から聞いていた、剛さん。

お子さんが5歳だった当時は、笑って「(グレたら)どつき回す」と、言っていた剛さんですが、今、どうなっているのでしょうね。。。

家族で幸せな日々を、送っていることを、祈ります!