大阪で生まれ育った、兄弟漫才コンビ「中川家」は、小学生の頃から「なんば花月」に通い、漫才にハマっていたそうです。

最前列で釘付けに、なっていたそうですので、小さな頃から、生の漫才で英才教育を、受けていたようなものですよね!

そんな、真の漫才師・中川家が、ライブで神対応?

いったい、何があったのでしょう??

ちょっと見てみましょう!

中川家、芸人としてのポスト

「中川家」の漫才は既に、NSC在学中に、高く評価されていたそうです。

ネタ見せの時には、教室に多くの芸人が、観覧しに来ていて、これは異例の事態だったそうですよ。

また、同じ兄弟漫才コンビである、「いとし・こいしやダイマル・ラケットの後継者」と言われ、「中川家」に対する、周囲の期待も、相当であることが分かりますね。

「中川家」のお二人も、それを真摯に受け止め、真面目に努力してきたようです。

期待されるということは、プレッシャーでもありますよね。

中川家、若手芸人に辛口発言!!

最近は、お笑い番組だけではなく、バラエティ番組や情報番組にも、芸人さんがたくさん、活躍をされていますね。

たくさんの芸人さんが、分け隔てなく、楽しそうにやり取りしている様子は、見ている側も、楽しい気分にさせてくれます。

でも「中川家」のお二人は、テレビでネタを見せる番組が、少ないことを悲しんでいるようです。

本当に真剣に、お笑いの事を考えているのでしょうね!

また、今の若手芸人が皆、仲が良すぎることも、懸念していましたよ。

昔はもっと、ピリピリとした緊張感があって、切磋琢磨していたそうです。

「オチをちゃんとつける」「しっかりと振り方を考えてから、前へ出る」など、厳しい意見を持つお二人。

今は、MCを務める芸人さんや、周りのベテランひな壇芸人さん達が、面白くツッコんで、最終的に笑わせてくれるから、安心ですけどね。

その方たちが、いなくなった「将来」を、視野に入れているのでしょう。

中川家のライブでの神対応が話題!!

「中川家」が神対応を見せたのは、2017年1月31日の、ライブイベントの、ステージでの事でした。

楽しみにしていた、お笑いライブ、しかも前の方の席で観覧中、自分の赤ちゃんが、どうしても泣き止まなかったら、あなたなら、どうしますか?

周りへの迷惑を考え、退出しますよね。

その日、ライブを見に来ていた男性も、まさに、その状況!

仕方なく出ていこうとした、その男性に、中川家・礼二さんがかけた言葉は。。。

「出て行かなくていい。そんな良い席なのに。赤ちゃんは、泣くのが仕事」

本当に、神ですよね!!

ステージ上の礼二さんから、声をかけてもらった男性は、どれだけ嬉しかったことでしょう!

更には、ステージ上に、その親子を呼んで、礼二さんが赤ちゃんを抱っこし、中川家・剛さんがテッパンの、犬やネコの鳴き真似をして、赤ちゃんを泣き止ませたんですって!

なんという、温かい対応なのでしょう!!

子を持つ親である「中川家」のお二人ですので、寛容に対応でき、ベテラン芸人だからこそできる、柔軟な対応だったのではないでしょうか。

「中川家」のお二人の、真剣にお笑い界の事を考える姿勢や、温かい人間性を知ると、ますます応援したくなりますね!

何気ないトークや、ボケやツッコミも、人を「笑わせる」ため、そして幸せな気分にさせるための、プロの技なんだなぁと、改めて思いました。