バイキング小峠さんといえば、テレビの出演も多い、人気芸人さんのうちの一人ですよね。

今や、「封印」されたとも、言われている持ちネタ、「なんて日だ!!」は、一度は聞いたことがあるという方も、多いのではないでしょうか。

それだけではなく、老けた強面とスキンヘッドという、見た目のインパクトに加え、キレ芸やコメントなど、小峠さんの評価は高く、だからこそ、多くの番組に、出演されているんでしょうね。

今回は、そんな小峠さんが、芸人を志す経緯を探るべく、出身地や出身高校を、調べてみたいと思います!

バイきんぐ小峠さん、出身地・出身高校は?

本名 小峠 英二(ことうげ えいじ)
生年月日 1976年6月6日
血液型 O型
身長/体重 170cm/55kg

出身地はズバリ、福岡県田川郡大任町(おおとうまち)で、福岡県の中央部に、位置する町です。

イメージキャラクターはしじみの大ちゃん、花ちゃん!

かつては、筑豊炭田の産炭地として、栄えていましたが、現在は全て閉山されており、人口の減少により、過疎化が進んでいるようです。

大ちゃん、しじみちゃん頑張れ!

そんな田舎で育った、小峠さんの最終学歴は、隣の田川市にある、福岡県立東鷹(とうよう)高等学校という県立の共学校です。

小峠さんが高校の頃の画像がこちら!↓

か、髪がふさふさだ!!

小峠さんもこんな制服を着て高校生活を送っていたのですね。

そして、お笑い芸人になろうと思ったのは、高校の頃で、高校卒業後、NSCに入所しました。

NSCとは、吉本興業の芸能学校「New Star Creation」の、略だそうです。

このNSCで、運命の出会いが、あったんですって!

お笑いコンビ「バイキング」誕生!

相方・西村さんとの、最初の出会いは、大分県の自動車教習所でした。

小峠さんは福岡県出身、西村さんは広島県出身なので、これは「運命の出会い?!」かと思いきや、この時は、特に話もせずに終わった、ということです。

二人の再会は、大阪NSCの面接で、この時に「運命」を感じ、1996年、「バイキング」結成に、至ったそうですよ。

確かに、すごい偶然ですよね!!

バイキング、遅咲きの理由

バイキングは、なかなか売れませんでした。

現在の事務所である、SMA NEET Projectに、所属するまで、ワタナベエンターテインメントや、東京吉本にも所属したが、共に1年ほどで、契約解除となっています。

その間、「ネット検索で、レストランが多数、ヒットしてしまう」との理由から、「バイきんぐ」と、表記を改名したそうです。

お笑いに詳しい方なら、ご存知だったかもしれませんが、後半部分が「ひらがな」だったとは、オドロキでした!

小峠さん曰く、なかなか売れなかったのは、「自分達に合うネタが、なかなか見つからなかったから」。

今のバイきんぐのコントは、西村さんが演じる、「普通っぽいけど、変わった人」の言動に、小峠さんが、「的確で、真っ当な」ツッコミをする、スタイルです。

分かりやすい内容で、子どもから大人まで、安心して笑えますよね。

でも昔は、ボケとツッコミが逆の、マンガチックで奇抜なネタだったんだそうです。

どんなネタだったんですかね?

ともあれ、ようやく「自分達に合ったネタ」に、辿り着いたバイきんぐは、見事、「キングオブコント2012」で、5代目チャンピオンになることができました!

そして、その時に披露した、ネタのうちの1つ、「帰省」中で、あの「なんて日だ!!」のフレーズが使われ、後にバラエティ番組などで、よく耳にするようになりましたよね。

また、少々、日陰的存在だった、相方の西村さんも、最近、注目されつつあります。

これからのバイきんぐの活躍が、ますます楽しみですね!


バイきんぐ小峠さんの年齢についての詳細記事はこちら!
👉バイきんぐ小峠の年齢って何歳?


意外に・・・若かった。