女性お笑いピン芸人、物まね芸人として人気を集めている、キンタロー。

前田敦子さんのものまねで、「お尻を出しても、嫌いにならないでください!」といい、大ブレイクしました。

大学の頃に始めたという、社交ダンスでも、キンタロー。&ロペスペアで秋に世界選手権への出場が決まるなど、仕事は絶好調!

さらに、私生活でも、番組で一緒に仕事をしたという、番組ディレクター2015年12月14日に結婚。

傍から見れば、順風満帆!といった人生を送っているキンタロー。さんですが、実は、とても悲しい出来事を、乗り越えてきた過去があるのです。

喜びの結婚式の前に、すでにご両親は、亡くなっていました。

死因はなんだったのでしょうか。

なぜ、キンタロー。さんが、芸人を目指したのか。

結婚式に、バージンロードを妹さんと歩いた、キンタロー。さんの想い。

笑顔に隠された、キンタロー。さんの壮絶人生に迫りたいと思います。

キンタロー。さんは、お嬢様!順調だった人生

愛知県生まれの、キンタロー。さん。

父親、専業主婦の母親、キンタローさん、5歳年下の妹さんと、何不自由なく、暮らしていました。

自宅があったのは、繁華街にある、雑居ビルの1部屋。

両親が、このビルを所有していて、自宅としている以外の部屋を、テナントとして貸し出すことで、生計を立てていました

いわゆる不動産収入があったのですね。うらやましい。

地元でも「お嬢様」として有名だったそうですよ!

高校時代には、高1でカナダへホームステイをするなど、何度か短期留学を経験をします。

その後、語学力を活かした進路を選び、大阪の関西外国語大学に進学します。

そこで、ダンス部に入部し、社交ダンスを始めます。

この社交ダンス、衣装や、発表会や競技会の参加などに、お金がかかるんですよね。

ドレス代は、借りても5万円、買ったら20~30万円するものもあります。

出演料は、1万円から、イベントにもよりますが3万円以上かかるものも!

そんなんで、両親からの仕送りは、月20万円にもなったとかΣ(・□・;)

両親からの支えと、キンタロー。さんの努力が実り、大学時代に全国大会4位に入る等、大活躍しました。

大学卒業後は、社交ダンス講師として働き始め、順調な人生は続くように思えましたが、ここから、壮絶な人生が始まってしまうのです。

キンタロー。母親の突然亡くなった、その死因とは。

また、キンタロー。さんが、小学校4年生位の頃、顔が大きくなってきたことを、「顔がでかい」「顔が四角」と、周りの男子からバカにされたことを母親に言うと

『こんなに可愛いのにブスはわけない。みんな妬んで言っているんだよ』

『鏡見てごらん。こんなに可愛いのに、そんな贅沢言ったらバチ当たるよ』

と答えるという、キンタロー。を溺愛していた母親。

大学時代も、キンタロー。さんの大会出場を応援するのが、楽しみだったそうです。

そんな順調だった、家族の生活にかげりが見え始めます。

不景気の影響で、所有していたビルに、全くテナントが、入らなくてなったのです。

経営がうまくいかず、借金も増えていきました。

以前のような暮らしが出来なくなり、ふさぎ込むようになった母親は、「死にたい」と口にするようになりました。

そして、2007年2月16日夕方、近くの鮮魚店で買い物をした、母親は、そのままビルの屋上まで行き、飛び降りました。

そう、母親の死因は、自殺という、なんとも悲しいものでした。

置き手紙などもなかったので、突発的に起こしたことだったのかもしれません。

キンタロー。さんと妹さんは、ただ、泣くことしかできなかったといいます。

ショックを受けた家族、父親。キンタロー。さんの決意

母親の死に、父親はショックを受けて、病気となってしまい、名古屋市内の特別養護老人ホームで暮らし始めました。

そんな父や、悲しみから立ち直ることのできない妹さん、。

そんな家族を見て、キンタロー。さんの中に芽生えた決意とは。。。

「キンタロー。さんの、ものまねが大好きだった、天国にいるお母さんに、頑張っている姿を見せること。」

ものまねをすれば、きっと母親も笑ってくれる。

家族も元気になる!

そんな思いから、お笑いの道に進むことを決め、2008年、実家を離れ、名古屋市に引っ越して、松竹芸能タレントスクールに20期生として、2011年4月に入ります。

前田敦子さんのものまねをすると、AKBファンからの苦情で、自身のブログが炎上し、引っ越しも3回するのをよぎされるなど、その後も大変な思いをしても、やめなかったのは、こんな強い思いからお笑いを始めたからなのですね。

テレビで見ていても、お笑いへの強い意志や、社交ダンスへの思いが伝わってくるのは、こんな背景があったからなのかもしれません。

キンタロー。さんの父親も亡くなっていた。

その後、芸人として成功し、テレビに出る機会が増えるものの、父親には芸能活動をしていることを内緒にしていました。

それが、2013年3月に、キンタロー。さんは、意を決して父親に報告に行きました。

そしたら、いつもは部屋にこもっている父親が、広間に出てテレビを見ていたそうです。

そんな父親が言ったことは

「知っていたよ」

「何も心配はいらないから、安心して頑張りなね!」

キンタロー。さんは涙が出そうになったそうです。

芸人としての娘の活躍を喜んでいた父親でしたが、2014年に亡くなってしまいます

入院中も、仕事で忙しくお見舞いにあまり行けなかったという、後悔の念があったというキンタロー。さんが、結婚式に託した思いとは・・・

妹さんとのバージンロード

常に両親が気にかけていた、というキンタロー。さんの結婚。

家族で結婚式を行いたい、と考えたキンタロー。さんは、プランナーさんと相談を重ねて、出した答えは。

「バージンロードを妹さんと歩くこと」

母親のヴェールダウンも、父親と歩くバージンロードも叶わなかったキンタロー。さんが、妹さんと歩いたのは、こんな意味合いが込められていたのですね。

「生前2人とも私の結婚を今か今かと心待ちにしておりました。そんな2人もきっと天国で喜んでいる事と思います」

両親の死を乗り越えて、幸せをつかんだキンタロー。さん。

これからも、両親に見守られて、活躍していくことと思います。

👉キンタロー顔の大きさ何センチ?顔でかいのは病気なの!?顔の大きさ徹底検証(`・ω・´)

スポンサーリンク