お笑い芸人「キングコング」のツッコミ担当
また、絵本作家「にしの あきひろ」

としても活躍する西野亮廣さん

西野さんとその絵本制作チームのメンバーで作った
絵本「えんとつ町のプペル」

今なおAmazon総合ランキング1位を独走中!

増刷がかかり、販売部数は6万部を突破!
絵本としては異例の大ヒットを記録しています(*‘ω‘ *)

さらに、西野さんは
「100万部に届かなければ失敗」

とさらに高みを目指した目標を設定し
万進し続けていますΣ(・□・;)

ということで今回は

西野さんはそもそもなぜ絵本を描き始めたの?
資金が4000万集まったら西野さんがしたかったこと
絵本作家として活動する西野さんを梶原さんはどう思ってる?

について調べてみました♪

西野さんはそもそもなぜ絵本を描き始めたの?

4391cc25-s

元々、絵を描くことを特技としていた西野さん。

その腕前は、美術の先生に美術大学進学を勧められたほど

しかし、お笑い芸人になることしか考えていなかったので
美術大学進学は選びませんでした。

では、なぜ今になって絵本作家になったのか?

そのきっかけは
当時「はねるのトびら」など
人気バラエティ番組に沢山出ていたのに

西野さんはあることに気が付いてしまいました
それは

「自分が思っているほど売れていない」
ということ(;’∀’)

これはヤバいと感じ
ひな壇に出ることを辞め方向転換を図ります。

その後、ひな壇などほとんどの仕事を断り
時間ができた西野さんに絵を描くことを勧めたのが

タモリさんでした。
index
知名度があるから有利だ、と
周りから言われたくなかった西野さんが選んだ新たな道は

「どうせやるならプロの絵本作家に勝つ!」

勝つためにはどうしたらいいか
といった発想から考えて

プロの絵本作家に無くて
西野さんにその当時あったもの、それは・・・

時間

そう気が付いた西野さんは
イチバン細いボールペンを購入し

一冊の絵本作成に年単位の時間をかけて
絵本を描き上げ

圧倒的な作品を作り上げていきます。

時間をかけて作品を作った結果

絵本「えんとつ町のプペル」にかかった年月は

なんと4年半!!

2016年10月にようやく完成しました( ;∀;)

資金が集まったら西野さんがしたかったこと

836e36d9-s

西野さんの資金を集めるために
「クラウドファンディング」というものを利用しました。

これは「やりたいことがあるけれど資金が足りない」という人が
そのプロジェクトを提示して

出資者へのリターンを用意することによって
一般の方々からプロジェクトを進めるための資金を集める

つまり出資してもらうという新しい資金集めの形です(*‘ω‘ *)

お金が無くても
自分の夢への想いや周りの協力で
叶えることができる素晴らしい方法ですね☆彡

目標額の180万円
開始初日でクリアーし

支援総額は現時点で
なんと4600万円を超えました。

個展「えんとつ町のプペル展」(11月3日~30日)

では絵が浮かび上がる演出をしたために
かかった製作費は4000万円!

今回、支援を求めたのは
「個展を入場無料にしたかったから」

なんで無料にしたかったのかというと

「たくさんの子供達に見てほしかったから」

ということです。

この西野さんの想いに沢山の人が賛同して
個展入場無料が叶う事になりました(´;ω;`)

沢山の子供が個展に来ることでしょうね♪

絵本作家として活動する西野さんを梶原さんはどう思ってる?

index

最近は西野さんの単独での活動が目立ってきていますが
相方である梶原さんはそれをどう思っているのでしょうか。

西野さんがお笑い芸人を辞めて
絵本作家になると言った時は

「解散はしません。
なんか色々と誤解があるみたいですが

僕はこれからも絵本作家西野と漫才をします。」

と解散も引退もきっぱりと否定しました。

また、西野さんの絵本を読んだ梶原さんは

「西野すっごいんですよ…。
俺、西野の絵見たんですよ…。世界行きますよ」

と絶賛!

また、自身のツイッターでも

namnlos

「これは読んだ方がいいと思います。
我が家の棚に飾らせてもらいます。」

と、キングコングが初めて受賞したときの写真と共に
絵本を飾っている画像をツイート

西野さんの活躍を絶賛し応援している姿が伺えます。

現在もキングコングは、ルミネtheよしもとで
時々漫才をしています。

二人そろった姿を見れる機会は減ってしまいましたが
コンビ仲は顕在です。

namnlos

これからもお二人の活躍を期待しています(*‘ω‘ *)

キングコング西野、絵本や絵の値段は?