かまいたち・濱家の高校時代のすごい通り名とは

東淀川の毒ヘビ”って、何のことかご存知ですか?

実は、お笑いコンビ『かまいたち』の、ツッコミ担当・濱家さんの、学生時代の通り名なのです!

“毒ヘビ”って、もう、明るく健全な学生のイメージは、皆無ですよね。。。

どうして、こんな通り名が付いているのでしょう?

今回は、『かまいたち』濱家さんの、中学・高校時代を、振り返ってみたいと思います。

かまいたち・濱家の荒れていた中学時代

芸人・濱家さんを見る限り、明るい性格が窺え、宣材写真とかもおどけた感じがあって、とても“毒ヘビ”には見えませんが。

中学の頃はかなり荒れていたらしく、母親は学校から何度も呼び出されていました

その原因は、両親の離婚と実の父親のせいで強いられた、極貧生活

  • 小学校の頃までの食卓には、すいとんや具なしのお好み焼きが、度々並んでいた
  • 服もお下がりなのは当たり前で、長袖を切って夏に着用し、冬には再び、袖を縫い付けていた
  • 濱家さんの母親が、ベランダでシャワーを浴びて、道行く人が目撃して、大騒ぎになった

など、さまざまなエピソードが残っています。

かまいたち濱家が東淀川の毒ヘビと呼ばれた高校時代

Twitter

中学時代にはヤンチャをしていた濱家さんですが、高校生になるとだいぶ落ち着いて、悪いことをしていなかった、という濱家さんですが、見た目は赤毛や金髪で、少し怖めの風貌ですね。

そんな濱家さんが通った高校は、大阪府茨木東高等学校。

高校時代の部活は野球部で、キャプテンまで務めました

現在の濱家さんの趣味が草野球なのは、このためなのですね。

更に、体育祭では団長もしたという活躍ぶり

高校時代の少しやんちゃだったエピソードとしては

「学校の昼休みが終わりのチャイムが鳴っていても急いで教室に戻らない濱家さんの顔を、教科書で叩いた先生が許せず、授業中にその先生が持っている教室に行き、胸倉をつかんで「オラッ」とにらみをきかせた」

といったエピソードを、濱家さんが話しています。

高校時代は手が付けられない程ではなかったのでしょうが、その風貌と、ちょいワルで「東淀川の毒ヘビ」という通り名がついたようです。

きっと濱家さんは、根っからの“ワル”ではないのです!

そして、苦労をかけた母親のことは、大好きなようで、「マザコン」なんていうウワサもあるくらいなのです。

苦労をかけた両親に、かまいたち・濱家の親孝行

濱家さんの実の父親に、見切りをつけた母親は、離婚をしたのですが、女手一つで二人の子供を育てるのは、大変だったと思われます。

でも、濱家さんが11歳の頃に、現在の夫と再婚し、生活はラクになったそうです。

この新しい父親が、とても良い人だったようで、濱家さん自身も心から感謝している様子。

2017年11月16日放送の「櫻井・有吉THE夜会」では、「キングオブコント2017」で獲得した優勝賞金の中から、両親にそれぞれ50万円ずつ手渡す姿が映し出されました。

この時の、濱家さんと両親のやり取りは、ほっこりとしていて、ネットでも「感動した」「いい家族だ」と、話題になっていました。

両親想いの意外な一面を見ることで、濱家さんをますます応援したくなった方も、たくさんいそうですね。

かまいたち・濱家の高校時代のすごい通り名とは

ということで今回は、かまいたち・濱家さんの高校時代のすごい通り名について見てきました。

中学時代はかなり荒れて、高校時代もやんちゃをしたこともあって「東淀川の毒ヘビ」というすごい通り名もつけられていたようですが、今はすっかり売れっ子の人気芸人となりました。

ご両親に感謝の気持ちのお金を渡すのも、とても素敵なエピソードですね。

これからもかまいたちの活躍に期待です!

かまいたち・山内さんのお嫁さんについての記事はこちらです↓