劇団ひとりの本名と芸名の由来とは!

お笑いピン芸人の「劇団ひとり」さん

小説家、映画監督、俳優としても活躍する、芸達者な実力派の芸人さんです。

その芸名の通り、ひとりでやるネタは、登場人物のキャラがきちんと作られていて、まるで演劇を見ているかのような演技力も兼ね備えていますよね!

ぶさいくキャラも演じつつ、なんだかかっこいいキャラでもあったりする、劇団ひとりさんってちょっと謎な所もあります。

そんな劇団ひとりさんですが、本名がかっこいいらしいですね、さらに、芸名の由来って何なんでしょうか。

ということで、今回は、劇団ひとりさんの本名やピン芸人になるまでの芸歴、芸名の由来について見ていきましょう!

劇団ひとりの本名や年齢や生い立ち

Twitter
  • 本名 川島 省吾(かわしま しょうご)
  • 生年月日 1977年2月2日
  • 出身地 千葉県千葉市
  • 血液型 A型
  • 身長 175cm
  • 所属事務所 太田プロダクション
  • ニックネーム 劇ピン

劇団ひとりさんの本名は「川島省吾」さん

これだけ見たら、俳優さんの芸名ほど、かっこいい名前ですし、響きもいいですね。

そしてなぜか、ニックネームは劇ピン

これは、かっこよくない・・・。

『SMAP×SMAP』に出演した時は「省吾」と呼ばれたい、と言っていて、『笑っていいとも!』では、山下智久さんの愛称である、山Pとかけて、「劇ピー」って呼んでと言っていました

ちなみに、お嫁さんである大沢あかねさんには、「しょうごタン」と呼ばれているそうです。

本名だけでなく、生い立ちもかっこよかった!

劇団ひとりさんのお父さんの職業は、なんと「日本航空パイロット」で、お母さんは「客室乗務員」だったそうです!

その関係で、アラスカ州アンカレッジに、小学校2年から5年まで住んでいたという、帰国子女なんですって。

両親そろって、憧れの職業についていたのですね。

ちなみに、あのフィギュアスケート選手の村主章枝さんのお父さんもパイロットで、近所に住んでいて、一緒に遊んだことがあるそうです。

なんか、凄くて、状況がうまくのみこめません汗

劇団ひとりさんの若い頃というと、とある番組で紹介された、ヤンキー姿が思い浮かぶので、こんな育ちのよい環境にいたとは、意外でした~!

劇団ひとりさんは、以前コンビを組んでいた?!

1992年、劇団ひとりさんが高校1年生だったころ、一世を風靡した、ビートたけしの伝説の番組『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』の人気コーナー「お笑い甲子園」に出演したことがあります。

その時、組んでいたコンビの名は「バーテックス」

当時の人気アイドルグループ「ribbon」のポスターが沢山貼ってある、劇団ひとりさんの部屋や、劇団ひとりさんの母親、川島育子さんも出演しています!↓

その後、バーテックスを解散し、太田プロダクションに所属し芸能界デビューをします。

太田プロに入った後に、1994年4月に結成したのが「スープレックス」

すでに劇団ひとりさんの世界が出来上がっていて、観客たちが大笑いしてます!

劇団日本児童出身の秋永和彦さんとコンビを組んで、「ジャムパラ」「爆笑オンエアバトル」などの番組に出演し、活躍が期待されていましたが、2000年4月に解散

これには、当時太田プロは、猿岩石などをメインに売り出していて、ブレイクできなかったこと、劇団ひとりさん自身が遅刻・ドタキャンをくりかえしていたため、また、相方であった秋永さんが借金があって蒸発してしまった、ことなどが原因だったようです。

その後、ピン芸人として、活躍する決意をします!

芸名はなぜ「劇団ひとり」なの?由来

劇団ひとりさんがピン芸人になって、いざ芸名を決める時に、優香さんのやり方を真似して、芸名を公募しました。

その時に決まりかけた芸名が・・・「カツカレー」

しかし、事務所から却下!

次に、候補としてあがったのが・・・「波打際立夫(なみうちぎわたちお)」(笑)

これも、事務所から却下!

次に、劇団ひとりさんの好きな俳優ロバート・デ・ニーロにかけて、デンジャラスの安田和博さんからつけられた芸名が・・・「炉端出二郎(ろばたでにろう)」(笑)

事務所が、またまた却下!

最後は、自分で「劇団ひとり」と決めました

芸名の由来は、「一人で色々なキャラを演じるコントをしていたため」

本人の川島省吾さんが、「座長」なんだそうです。

パンダ丸さん
パンダ丸さん
まさに、ご自身の得意とする、様々なキャラを演じれるという、メッセージが伝わってくる、いい芸名ですよね!

劇団ひとりの本名と芸名の由来とは!

Twitter

ということで、劇団ひとりさんの本名や、ピン芸人になるまで、また芸名の由来などについて見てきました。

本名は「川島省吾」とそのまま芸名にしてもいい、とてもかっこいい名前でした。

芸名は、公募によりひどい名前になる所でしたが、結局まさにピッタリな「劇団ひとり」という名前を、色々なキャラを演じる芸人という意味で、自分で決めたようですね。

そして、ピン芸人として活躍している劇団ひとりさんでしたが、コンビを組んでいた時代も、すでに才能を表していて、実力があったのを見せつけています。

これからも、活躍に期待しています!

劇団ひとりさんと大沢あかねさんの馴れ初めと、子供の名前や由来についての記事はこちらです↓