お笑いピン芸人「劇団ひとり」さん

独特な視点でネタを作り、思わず引き込まれる演技力と笑いのセンスには定評があります。

バラエティ番組でも、的確な受け答えに安定した笑いを生み出し、さらに、『陰日向咲く』で小説家デビュー、映画監督までやってしまう、多才なピン芸人さんです。

私生活でも、大沢あかねさんと結婚し、2010年に女の子、2016年に男の子が生まれて、まさに幸せ絶頂といったところでしょうか!

ということで今回は、劇団ひとりさんと大沢あかねさんの2人の子供にスポットを当ててみたいと思います♬

劇団ひとりさんと大沢あかねさんの出会いエピソード

お2人の第一印象は「最悪だった」そうですよ~!

劇団ひとりさんと大沢あかねさんが出会ったのは、とあるバラエティ番組でのこと。

そこには、劇団ひとりさんと大沢さん、滝川クリステルさんが出演していました。

その時していた、お2人のやり取りが、こんなだったんです。

劇団「滝川クリステルさんと結婚したいですよ~!」

大沢「お前なんて、滝川クリステルと結婚できないよ!」

劇団「そうですかね~?僕は大沢レベルですね」

そう、まさかこのやり取りが、現実になるなんて、この時お2人は考えていなかったと思います。

番組での共演から、さらにお2人の仲を近づけるきっかけになった人は「ガレッジセールの川田広樹さん」

川田さん主催のもつ鍋会で、大沢さんが劇団ひとりさんを好きになりました。

それから大沢さんの、熱烈なアピールでお付き合いすることになりました。

最初にほれたのは、大沢さんの方だったのですね。

でも、その後、バシッと男気を見せたのは劇団ひとりさんの方でした。

交際が始まってすぐに、お互い結婚の意志があったお2人。

2007年に劇団ひとりさんが、「結婚しよう」とシンプルにプロポーズ。

2009年2月17日に結婚しました。

1人目子供の名前は?

それから間もなく、2010年9月に、第1子となる、女の子が誕生!

女の子の名前は「千花(せんか)ちゃん」

名前の由来は、生まれた月の9月の誕生花が、「ホウセンカ」なことからきているそうです。

でも、ホウセンカの花言葉はというと・・・

「私に触れないで」「短気」

ちなみにこの花言葉は、ホウセンカという花が、実が成熟すると、ちょっと触れただけでも破裂すること、からきています。

「女の子なので身持ちが堅いほうがいい」と、劇団ひとりさんは、納得のご様子です。

でも、ちょっと触れただけで、怒る短気な感じ、って少し怖いんですが汗

しかも、劇団ひとりさんの本名は「川島省吾」(かわしましょうご)

皆さん、千花の本名を読んでみてください。

「かわしま せんか」

「かわしませんか」

「交わしませんか」?!

なんじゃそれー!!!

アンパンマンの大好きな、かわいい女の子に成長しています♥

2人目子供の名前の由来は?

劇団ひとりさんと、大沢あかねさんが、第2子となる男の子を授かったのが、2016年7月13日。

大沢さんが、自身のブログで「母子ともに健康で2820グラムの元気な男の子です」と、喜びの声を伝えました。

第2子となる子供の名前は、「咲也(さくや)くん」

名前の由来は、長女が千花ちゃんとからめています。

「長女の千花(せんか)と力を合わせれば千の花も咲く也という想いから咲也(さくや)と命名しました」

ということです。

「千の花も咲く也」

これ素敵ですよねー!

私も2人子供がいるので、子供同士助け合って生きていってほしい、って気持ちすごいよく分かります。

2009年に出版された、大沢あかねさんの自叙伝「母ひとり、娘(こ)ひとり」で、大沢さんの幼少期について書かれています。

大沢あかねさんのお父さんは、銭湯に行った後、そのまま帰ってきませんでした。

その時、大沢さんは2歳。

それ以来、母親と2人で生きてきたそうです。

そんな寂しい幼少期を過ごしてきたからこそ、姉弟がいて、お互いを支え合って生きていってほしい、という強い想いを持っているのかと、思います。

劇団ひとりさん、大沢あかねさん、子供が増えてにぎやかになり、ますます活躍していってほしいですね!