ガンバレルーヤよしこ病気で先端巨大症に。手術前後の肌と鼻比較

人気お笑い女性コンビ「ガンバレルーヤ」のよしこさんが、2018年11月に、腫瘍を取り除く手術をしました。

手や足、鼻が大きくなる先端巨大症や、左目の視界が白くなるなどの症状を自覚していたものの、忙しさから放置していて、失明する危険さえもあったとか!

ということで今回は、そんな先端巨大症になってしまった、ガンバレル―ヤのよしこについて見ていきましょう!

ガンバレルーヤよしこが病気、先端巨大症に

2018年11月頃、難病の下垂体腺腫の緊急手術のため、一時休養したお笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこさん

なんと数年間症状を放置していたために、失明の危険さえもあったそうです。

よしこさんに異常が見つかったのは、2017年の頃、急に顔に吹き出物が出来たり、左目の視界の半分ほどが白く見えにくくなりました

その頃は、ちょうど大阪から東京に出てきたころで、ストレスのせいかと思い、眼科へ行きましたが「異常なし」と診断。

「内村テラス」の出演をきっかけに売れっ子になっていった2人は、2018年に200本以上の番組に出演するという忙しさ、症状がひどくなっても仕事を休むわけにもいきませんでした。

忙しい合間を縫って、再び眼科に行きますが「角膜にも異常がない」という診察。

2018年のよしこさんの誕生日に、まひるさんが靴をプレゼントしたものの靴が入らず、通常24.5cmだった足のサイズが27cmまでになってしまっていました

よしこさんは、足がむくんでいるのかと思いましたが、この時足だけでなく手や鼻やあごも腫れあがっているという「先端巨大症」の症状が、出てしまっていたのです。

ガンバレル―ヤの東京のお兄ちゃん的存在である、「FUJIWARA」の藤本敏史さんにも「あれっ? 鼻がデカくなってなってない。」と体調を心配され。

さらにこめかみに痛みを感じるようになったよしこさんは、たまたま受診した人間ドックで「脳の中の腫瘍」を発見することになります。

頭蓋骨の中心にある、ホルモンをつかさどる下垂体に腫瘍ができていて、腫瘍はその時に3㎝の大きさにまでなっていて、神経を圧迫していたのです!

これを聞いたよしこさんは、今までの症状であった「手や足が肥大することや、左目の異常」全てこの腫瘍のせいだったのだと理解。

すぐ入院となり、内視鏡による緊急手術で、腫瘍は無事取り除かれました

手術後は、痩せて、肌のぶつぶつがなくなって綺麗になりました

でも鼻はすっきりしまいたが、あごは骨が出てしまったので、整形手術をしないと治らないと言われたそう。

ガンバレル―ヤよしこの手術前と後の比較

こちらは、2018年8月の手術前に、アントニーさんと撮った画像

こちらは、手術後の2019年1月に撮られた画像です。

どうでしょうか。

小鼻が小さくなってすっきりして見えます

そして、大きく変わったのが「肌」!

手術前は、肌にぶつぶつがあり、特に眉間にある出来物は目立ちますよね。

でも、写り方にもよるのでしょうが、手術後は肌が滑らかになり、眉間などの出来物が無くなって健康的な肌に見えます!

病気がたまたま受けた人間ドックで発見できたのも幸いでしたし、手術をして綺麗になって本当に良かったですね!

ガンバレルーヤよしこ病気で先端巨大症に。手術前後の肌と鼻比較

ということで今回は、人気お笑いコンビ「ガンバレルーヤ」のよしこさんが、先端巨大症になってしまったことや、手術前と後のよしこさんの肌や鼻の比較、について見てきました。

仕事が忙しい中、人間ドックで腫瘍が発見できて本当に良かったですね!

手や足、鼻などの腫れもひいて、肌も綺麗になって、これからますますの活躍を期待しています!

ガンバレル―ヤのまひるさんとよしこさんが番組のダイエット企画に挑戦して、見事成功したことについての記事はこちらです↓