お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉さんは、「“こすぎ”だけど“(髪が)うすい”」と、よくハゲキャラで、イジられていますよね。

でも、かつて痩せていた小杉さんは、食べることが大好きで、順調に太って、現在の体型に至り、今ではデブキャラでも、お馴染みになっています。

そんな小杉さんのお腹が、ポッコリと出ているのは、「太り過ぎ」だけではないらしいですよ!

今回は、ブラックマヨネーズ・小杉さんの、ポッコリお腹とその訳に、迫ってみたいと思います!!

ブラックマヨネーズ小杉さん、コンビまでの軌跡

名前   小杉竜一(こすぎ りゅういち)
生年月日 1973年7月5日
出身地  京都市右京区(現・西京区)桂
血液型  O型
身長   170㎝

170㎝と、ほぼ日本人男性の平均身長の小杉さんですが、体重は120㎏オーバーだそうです!

太り過ぎが心配されますが、芸人さんは、この体型さえも笑いになるので、ついつい…というのも、分かる気がしてしまいます。。。

高校時代から、お笑いをやりたかった小杉さん。

大学受験の失敗や、フリーターを経て、1994年にようやく、大阪NSC(吉本総合芸能学院)に13期生として入学し、現・相方の吉田敬さんと同期となります。

しかし当初はお互い、別々のコンビを組んでいたそうですよ。

そして、それぞれのコンビが解散した後、「ブラックマヨネーズ」を結成するきっかけとなったのは、小杉さんの母親の「アンタ、吉田君と(コンビを)組み」という一言だったとか。

また、吉田さんとコンビを組んでいた、和田義浩さん(現在は放送作家。ブラックマヨネーズを裏方として、支えています)も、吉田さんとコンビを組むよう、小杉さんを説得したといいます。

きっと周りから見ても、相性ピッタリの組み合わせに、見えていたのでしょうね。

そんな経緯を辿り、1998年に晴れて、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」が、結成されました。

どんどん大きくなる、小杉さんのお腹の訳

小杉さんのデビュー当時を、ご存知でしょうか?

今とは全然違い、痩せていてイケメンだったそうですよ!

もう、太っているイメージが定着してしまって、ちょっと想像できませんよね。

でも、残っている過去の画像や映像を見ると・・・、確かに、痩せていて、今とは別人のようです!

元々、お菓子が大好物の小杉さんですが、ストレスも相俟ってか、デビュー後、どんどん太ってしまったようです。

見かねたマネージャーが、ダイエット企画の仕事を取ってきても、そのリバウンドで、更に太ってしまう有様。。。

ダイエットは、本人の強い意志がないと、なかなか成功しませんよね。

せっかくのマネージャーの気遣いも、逆効果だったようです。

小杉さんが、お腹に抱えるモンスターとは?!

2014年の「ロンドンハーツ」で人間ドック企画があり、その際に小杉さんのお腹に見つかったのが、「へそヘルニア」です!

聞きなれない、この病名、簡単に言ってしまうと「でべそ」の事なのですって。

でも、たかが「でべそ」と侮るなかれ!!

確かに、子供のでべそは、2歳くらいまでに、自然治癒することがあるそうです。

ですが、小杉さんは既に、大人です!

大人のでべその場合は、自然治癒が難しく、手術などの外科的治療を必要とするそうです。

今のところ、小杉さんに治療の意志がないということで、放置して大丈夫なのか、心配ですよね。

この「大人のへそヘルニア」、原因と考えられることが、3つあるそうです。

一つは、先天性のへそヘルニアの放置

これは、小杉さんから、そのような話は出ていないので、違うと思われます。

次に、妊娠・出産のために、へそヘルニアになった。

小杉さんは、男性なので、可能性はゼロですね。

最後は、太り過ぎや腹水の溜まる病気の為に、へそヘルニアになった。

これ!小杉さんのへそヘルニアの原因は、絶対に「太り過ぎ」でしょう!!

命に別条がないが故の、放置なのかもしれませんが、「万が一」がないとは限りませんよね。