お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」の小杉さんは、よくハゲキャラで、イジられていますよね。

でも、デブキャラでも、お馴染みになってきているようで、「アメトーーク」(テレビ朝日)の企画、「ついつい食べ過ぎちゃう芸人」でも、リーダー的存在です。

そんな小杉さんが、実は昔、もっと痩せていて、イケメンだったって、ご存知でしたか!?

今回は、ブラックマヨネーズ・小杉さんの、体型とその訳に、スポットを当ててみたいと思います。

ブラックマヨネーズの小杉さんって、こんな人

名前   小杉竜一(こすぎ りゅういち)
生年月日 1973年7月5日
出身地  京都市右京区(現・西京区)桂
血液型  O型
身長/体重 170㎝/80㎏?!

複数のプロフィールで確認しましたが、身長はともかく、体重は絶対、80㎏ではないですよね。

実際は、バラエティ番組などで、120㎏オーバーであることを、小杉さん自身が明かしています。

高校時代から、お笑いをやりたかった小杉さん。

しかし、親に言い出せなかった上に、大学受験に失敗し、1年浪人したにも関わらず、再度、不合格という経緯を経て、ようやく芸人になりたいと、親に伝えたそうです。

小杉さんの優しさとは言え、打ち明けるまで、長かったですね。

でも、せっかく親には打ち明けられたのに、その時すでに、NSC入学願書の締め切りが、過ぎてしまっていて、1年間のフリーター生活を、余儀なくされたそうです。

小杉さんに流れる、アメリカの血

小杉さんをよく見ると、太っているけれど、目鼻立ちはハッキリとされています。

実は小杉さん、ひいひいおじいさん(高祖父)が、アメリカの方で、16分の1ですが、アメリカ人の血が入っているそうです。

この影響は、顔立ちに、どことなく表れているのかも?

また、太りやすい体質も、このせいだと本人は、言っているそうです。。。

小杉さんの、過去と現在

とはいうものの、若い頃は痩せていた、小杉さん。

21歳の時は、体重が65㎏しかなかったそうですよ。

今の半分くらいですね!

きっと、別人のようだったのでは、ないでしょうか。

ただ、芸人になり、人気が出てきたのに加え、元々の体質(本人談)も重なって、徐々に太っていったのだとか。

食べるのが好きだと、ついつい食べることで、ストレス発散をしてしまいがちですよね。

2002年頃から、見かねたマネージャーが、ダイエット企画の仕事を、取ってきたりしていたそうです。

でも、小杉さんは、お菓子が大好物!!

楽屋では常に、お菓子を食べている上、運動は苦手で、気付けば寝ているらしいので、リバウンドを繰り返し、現在の体型になったそうです。

小杉さんの持ち味とは

今や、小杉さんと言えば、「デブ」と「ハゲ」。

お笑い怪獣・明石家さんまさんとの、お決まりのやり取りの中でも、この二つは外すことができません。

奥様は「痩せて欲しい」と、思っていらっしゃるようなのですが、本人に全くその気がないそうです。

年齢も上がってきていますし、健康面が気になります。

しかも、-これまた、本人は気にしていないようなのですが-、どうやら「へそヘルニア」になってしまったそうです!

成人が、へそヘルニアを発症する原因は、いくつかあるのですが、小杉さんの場合、「太りすぎによる、腹圧の上昇」が考えられます。

バラエティ番組で、人間ドックを受けた際に、発覚したことですが、内臓脂肪がへそから飛び出した状態が、小杉さんのへそだそうです。

成人のへそヘルニアは、自然治癒が難しいそうなので、ご家族のためにも、早急に、手術などの外的治療を受けることを、考えられてはいかがでしょうか。

小杉さんには、いつまでも活躍して、私たちを笑わせていただきたいものですね。