雨あがり決死隊の宮迫さんとの元相方が、スゴイ人物ってご存知でしたか?

元相方は、一般人の方なのですが、あるニュースをきっかけに、雨あがり決死隊の元相方として有名になったのです。

ということで今回は、そのニュースとは何なのか?また、どんなスゴイ人なのか、にスポットを当ててみました。

雨あがり決死隊の宮迫さんの元相方って誰?

今や、お笑い芸人として確固とした地位を築き、司会などマルチで活躍する宮迫博之さん。

その宮迫さんの、元相方の名前は、惠藤 憲二さんといいます。

高校卒業後、19歳でラーメン店を起業し、それと同時進行で、吉本興業のお笑い芸人養成学校のNSCで、宮迫さんとコンビを組んでいました。

コンビ名は、「ぴいぷる」でした。

惠藤さんが芸人を辞めた理由は「芸人にむいていないと思ったから」

もともと起業していたこともあり、事業に専念することにしました。

私は、しっかり者の宮迫さんと、ほんわかとして雰囲気の蛍原さんのコンビネーションが大好きですが、このままコンビを組んでいたら、どんなコンビになっていたのか、ちょっと気になりますよね!

雨上がり決死隊の宮迫さんの元相方が有名になったニュースとは?

元相方の惠藤さんは、芸人をやめているにも関わらず、最近になって芸能ニュースに登場します。

そのニュースとは、AAAトリプルエーの伊藤千晃さんが結婚、妊娠を発表したことと関係があるのです!!

突然のおめでたと卒業を発表をしたので、大勢のファンの方が驚いたニュースだったと思うのですが、宮迫さんはさらに驚いたことと思われます。

なんと、伊藤さんのお相手が、宮迫さんの元相方、惠藤さんだったのです!

伊藤さんと惠藤さんの出会いは、知人を通じて知り合いました。

年の差が20歳あるにもかかわらず、元芸人のトークの面白さに、伊藤さんは居心地の良さを感じていたそうです。

2016年末に伊藤さんの妊娠を機に、結婚を決めたそうです。

芸人にむいていない、と感じていた惠藤さんでしたが、こんな所で才能が活かされたのですね。

宮迫さんの元相方は、まさかの芸能人と結婚するにいたりました。

雨上がり決死隊宮迫さんの元相方は、芸人を辞め、実業家で大成功?!

芸人をやめて、事業の方に進む決心をした惠藤さん、その後の経営はどうなったのでしょうか。

それが、ラーメン店から始まった事業でしたが、雑貨の並行輸入などに規模を広げて、さらには水商売でも成功します。

大阪でキャバクラ経営をはじめ、次々に拡大し、関西以外にも店舗を広げて、年商300億円にもなったとか。

その後も、女性向けアパレルブランドを立ち上げ、売上高は370億円にも達したそうです。

これは、2つの道を同時に進むより、経営の道を選んだことが正解だったのかもしれません。

すごい活躍ぶりです!

アパレル会社は、マークスタイラー株式会社として設立されましたが、若者女性向けの“マーキュリーデュオ”、“エモダ”を展開しています。

女性なら、聞いたことがあるブランドではないのでしょうか?

ケイトモスやミランダカーをモデルとして起用している点でも話題性のあるブランドです。

惠藤さんは現在、事業を手放し、悠々自適の生活を送られています。

なんとも、うらやましい人生ですね。

芸人時代から、商才があり、いろいろなアイデアが思いつく才能があったらしいので、あのまま芸人だったら、ここまでの成功はなかったのではなかったかもしれません。

AAAトリプルエーの伊藤さんと結婚がなければ、話題にも上らなかったでしょうから、テレビとの何か縁を持っていたのでしょうね。

また何かのアイデアを思いついて、ビジネスで成功する日が来るかもしれませんね。